クラウド型勤怠管理システムについて

subpage01

勤怠管理には二つの主流があり、オンプレミス型とクラウド型になります。オンプレミス型は会社のシステムに合わせたもので、セキュリティ面や利便性が高いのが特長です。

但し、開発にはコストや時間がかかり、柔軟性にもかける部分があるのがデメリットです。


それに対して、クラウド型では巨大なサーバー群を利用することで、コストを大幅に抑えることが出来、ソフトも汎用性が高いものになるので、開発スピードも格段に速くなると言えます。
但し、自社に特化したシステムという点では、オンプレミス型に劣るので、利便性の面では課題が残ると言えます。



それ故、オンプレミス型とクラウド型の両方を上手く組み合わせることで、最善の結果が得られるわけです。

クラウド型勤怠管理では、自社のサーバーではなく、雲のような巨大なサーバー群に情報を預けることになります。

そして、インターネットを通じて必要な時に任意の場所で、情報を引き出せるわけです。

自社のサーバーが必要ないので、ネット環境さえ整っていれば、導入必要や初期費用が格段に抑えられると言えます。



場合によっては、専用のソフトを導入する必要がありますが、それでもコストは低いのが通常です。クラウド型勤怠管理システムの中には、無料で利用できるものもあり、実際に使ってみてから、本格導入を検討すれば良い場合もあります。


無料の場合も、基本性能は本格版と殆ど変わらないことが多く、高い性能を体験できるわけです。


出勤時の打刻管理から給料計算まで、一通りの機能が使えると言えます。